さてさて、昨日の続きです。
試走でメカトラに気が付き修復した所からです。
レースまであと30分。
会場もピリついた雰囲気もなく、のんびり穏やかな感じです。
なんだかんだしてたら、
あっという間にレーススタート時間になりました。
順番は、自分スタートで、 mioさんのこみくんもこちゃんの順で、キツくなったら、ラスト一周の時に、手で1の合図して、ピットで交代を待つスタイルです。
雨は結局止まずに普通に傘が必要なレベルの雨の中、カウントが始まり、パンッ!!とスターターピストルが鳴り響きました。
1